Skip to content

大切な新人教育

リボ払いの利息を18万円減らす方法を知りましょう

新社会人の方が闇金に巻き込まれないようにしたいと人事担当者の方は思うでしよう
社会人の方々に対して新人教育をする際に闇金の話題をすることで、近づいてはいけないという事がよくわかってもらえるはずです。しかしそれ以前の問題として借金はできるだけ控えることを教えるとともに、信販会社の賢い利用方法も併せて教える必要があります。日本では、お金の使い方や借り方と言ったことを学校で教えません。そのため、お金の使い方を知らない人や借りたお金と自分のお金の区別がつかない人が案外多いのです。信販会社でカードローンを作ること自体人生破綻の第一歩だと考えている会社の人も多いようですが、そのような極端な社員教育をしていると、本当にお金が必要になった際に、社員の方は対処方法がわからずに闇金に手を出してしまうことになるのです。
具体的にどうすればいいか知りたい担当者もいるかもしれません。
新入社員教育では、借りたお金と自分のお金の区別を付けさせることが大切です。このことは、単なる生活指導だけではなく、会社の経理とはどういうものかを知る教育にもなります。このことを教えることで、借金をすることは最低限にしなければいけないと知ることができます。また、借りること自体悪いことではなく、給料日等で返済の目処が付いたら最優先で返済することで利息も少なくなるし、支払に困るようなことにもならなくなると知ってもらうことができます。闇金に手を出してしまう人は、カードローンなどの借金が返しきれなくなり資金繰りに困ってしまった人なのです。闇金に手を出すような環境に社員を置かないためには、単に闇金の怖さだけを教えるのではなく、そうならない方法を教えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です